介護とリハビリと有料老人ホーム

頑張り過ぎない介護

自宅での介護を始める時に、頑張って介護をするぞと意気込んでいると思います。
確かに張り切って介護をする事は介護をする人にとっても介護をされる側にとっても悪い事ではないかもしれません。
しかし、介護と言う物は一過性の物ではなく、長期に割ったって続けていく物です。介護を始めた頃の気持ちが何年も同じように持ち続ける事はとっても大変な事なのです。
そこで、頑張りすぎない介護を目指して、介護をする人もされる人も気持ちよく生活を送れる様に考えてみましょう。

介護を頑張り過ぎている人

まず、介護を頑張りすぎている人はどのような介護をしているのでしょうか。
介護を頑張る事は大切な事です。しかし、頑張りすぎる事がいけないのです。介護をする人が頑張りすぎて介護を続ける事が出来なくなってしまっては介護をされる人も生活が出来なくなってしまいますからね。

こんな考えは危険

自宅で自分の親や祖父、祖母の介護をする時に自分達で頑張ろう、自分が頑張れば大丈夫だと考えている人がいます。
しかし、介護と言う物は介護をされる人の事を24時間考えていなければいけない部分もあります。そうなると、介護をする人の自分の時間が一切とれなくなってしまう可能性も出てくるのです。
これでは、介護をする人が疲れてしまい、普通の生活すら送れなくなってしまいます。
また、介護をしている時にストレスなどもたまり、何でこんな事が出来ないのかとイライラしてしまう事もあります。余計な事はしないでコレだけやっていればいいのにと考えてしまう事もあるかと思います。
また、介護を行っているのが自分だけで、他の兄弟はだれも手伝ってくれない場合もあります。そのような立場の人はどうして自分だけ介護をしているのかと考えてしまいます。
このように、

と言うような考えが頭の中でどんどん膨らんでいき、それでも介護は続けないといけないので頑張りすぎてしまう介護になってしまうのです。

頑張りすぎない介護をする為に

まず、介護に対しての考え方を改める必要があります。
介護に対しての考え方は人それぞれあり、これが絶対に正解と言う物はないと思いますが、これは間違いと言う物はあります。
その例として先ほど述べた頑張りすぎている介護の内容なのです。
介護をする人はどのように自分に余裕を持って介護を行っていくかが大きなポイントになると思います。

自分が頑張れば大丈夫の対処法

自分1人が介護を頑張れば大丈夫だと言う心意気はとっても分かります。
しかし、1人だけで何年も介護を続けていくのは限界があるのも事実です。自分の限界が来てから誰かに変わってと言ってもなかなか難しい所があります。もしかしたら頑張りすぎてあなたが要介護者になる可能性もあるのです。
その為、介護をすると決まったら必ず、身内同士で話し合う様にしましょう。週何日は誰が介護をすると言う様に分けたり、もし身内の方が遠方でなかなか自宅に来れない場合には、デイケアなども検討してみる事も大切です。
まずは、1人で抱え込まないという事を心がけましょう。

何で出来ないのかの対処法

介護をされる人の要介護度によっても自分で出来る事と出来ない事が変わってきます。トイレやお風呂は自分で行けるが身の回りの細かい事が出来ないレベルから寝たっきり、等様々です。
まずは自分が介護をする人がどのくらの事が出来るのかを把握しておく必要があります。また、昨日出来たから今日も出来る、明日も出来ると言う考えはあまり強く持たない方がいいかと思います。
急に出来なくなってしまったら、介護をする人もとまどってしまいます。本当は介護を受ける人の体の動きを疑似体験出来る物を一度体験しておくとどのような感じなのかがわかるのですが、なかなかできませんので、まずは、ほとんど出来ないとと言う考えから入ってみる事もいいかもしれません。
そうすれば、ナゼ出来ないのか、ではなくこれは出来たねと言う考えに変わっていくと思うからです。

どうして自分だけの対処法

今、介護の中で結構問題になっている部分でもあるのですが、親の介護を祖父、祖母の介護を1人の子供、もしくは親戚がずっと行っていると言う現実です。
他の兄弟や、親戚が遠方で介護に行きたくても行けないと言うケースから、家が比較的近くにあるのに介護をする気が全くないといったケースまで様々です。家が遠方で行けないと言うケースは仕方がない部分もありますが、家が近くになるのに、まるで他人事のように知らん顔のケースはとっても酷いと思います。これでは、現在介護をしている人だけが負担になり、長期の介護をと考えると不安になってしまいます。
そうならない為にも、まずは話し合う事が必要です。ナゼ介護が出来ないのか、どうしたらみんなで介護を行えるのかと言うような内容をしっかりと話し合わないと、介護を行う人だけが大変な思いを続けていく事になります。

recommend

マンションのリフォームを京都で行う

Last update:2017/6/9